急患随時受付中

一般歯科・小児歯科

口腔外科・審美歯科

インプラント・レーザー治療

矯正治療・クリーニング

痛くない入れ歯








 小児歯科
    
 小児歯科とは?
 
 小児歯科とは、乳幼児期から、永久歯が揃う12〜13歳を対象としています。
 虫歯の治療や予防処置、永久歯の歯並びや噛み合わせが正しくなるように
 指導や治療を行います。

 乳歯(子供の歯)は永久歯(大人の歯)と比べ、虫歯の進行が早くなっています。
 小さなお子さんにとって、虫歯の治療はとてもつらい事です。
 虫歯の進行予防を早期に発見し治療をし、より正確に予防(ブラッシング指導・フッ素等)を
 してあげることが、1番大切です。
  
 乳歯の虫歯予防 フッ素塗布について
 
 イマモト歯科クリニックではフッ素塗布を行う場合、まず簡単な清掃を行いレーザー照射にて
 殺菌、その後フッ素塗布を行っています。
 レーザーを歯の溝や虫歯になり易い箇所へ照射することで、殺菌&歯の歯質強化となります。
 そこへフッ素を塗布することでレーザーとフッ素のW効果が期待できます。
 レーザー照射は何の痛みも症状もありませんので安心して受診していただけます。 
 フッ素塗布は年間で3〜4回程度行うことで虫歯予防の効果がアップします。   
 小学生以下のお子様のレーザー照射は無料です。
 
 小さいお子様の治療について
 
 イマモト歯科クリニックにおいては、小さなお子様が歯医者嫌い?にならないよう
 工夫をしています。
 例えば、歯科治療が苦手にならないよう、痛くない様、スピーディーに終わらせ、
 治療後のお楽しみとしてガチャポンで景品をプレゼントをしています。
 小児歯科は、親御さんの協力が大切です。
 お子様の健康で丈夫な歯を作るために、疑問や不安な点などがございましたら、
 スタッフまでご相談ください。

    
         ←診療の後のお楽しみ♪ がちゃぽん

Copyright (c) イマモト歯科クリニック All Rights Reserved.